転職面接でもとの業界に戻る理由を聞かれた場合

ビル

転職面接のモデルケース。
面接官・いったん辞められたのに、なぜ営業に戻りたいのですか。
応募者・はい。
会計士になりたいと思い、会社を辞めて勉強に専念し始めたのですが、なかなかうまくいきませんでした。
いったん立ち止まってこれからのことを考えた際、そもそも会計士を目指した動機は将来の安定を手に入れたいからだと気付きました。
原点に立ち返り、安定した生活を送るために自分のすべきこと・できることを熟慮した末、営業職として再出発したいと強く考えるようになりました。
面接官・営業ならできそうだからという理由で応募されたのでしょうか。
応募者・もちろん、経験がいかせることは志望理由の一つです。
ただそれだけでなく、今回自分と向き合ったときに、苦労や喜びなどの印象深い記憶は営業の仕事をしていたころのことばかりでした。
離れてみて、営業という仕事に愛着を持っている自分に気付け、自分にはこれしかないと思ったことが一番の理由です。
といったように転職面接では熱意と愛情でいやいや感を取り除くようにしましょう。