転職面接で正社員を選ばなかった理由を聞かれた場合

ビル

転職面接のモデルケース。
面接官・なぜ最初から正社員にならずにアルバイトを選んだのですか。
応募者・大学生で就職活動をしていた当時は、やりたいことが明確でなかったので、社員として長く働ける会社を探し切れずにいました。
卒業が近付き、このまま就職しても続けていく自信が持てなかったので、アルバイトをしながら方向を定めようと思いました。
面接官・実際にやりたいことは見つかったのですか。
応募者・はい。
同級生や先輩が社員として働き始め、その話を聞くことで自分が働く姿もイメージできるようになり、やってみたい仕事にも出会えました。
じつは、半年前に母が入院しまして、そのときの経験から大学時代に学んだコミュニケーション学を医療の場で生かしたいと強く思うようになりました。
今は営業の仕事、とくに御社のようなメディカル分野で働きたいと考えております。
面接官・就職活動をしていたころにメディカル業界の営業は考えたことはなかったのですか。
応募者・はい。
将来有望な業界だとは思っておりましたが、働くことまでは想像しませんでした。
といったように転職面接では正社員以外を選んだ理由は正直に説明しましょう。